それはそのように起こりました...

田舎での休憩中に、Instagramで食器コレクションを撮影することから始めました…300人のフォロワーの後、目と中国の喜びのためにタタファイアンスを作成するというアイデアが生まれました。

タタファイアンスとは誰ですか?

Badonviller、Moulin des Loups、Sarreguemines、Boulenger…子供の頃から、祖母の料理、昔ながらの鉄の土地や陶器の詩、時には詩的、ロマンチック、または素朴なモチーフが好きでした。私の意見では、彼らは人生の特定の静けさと甘さを呼び起こしますが、より個人的で魅力的な方法でゲストを迎える喜びも呼び起こします。私は、パリとフランス南西部の寛大な田園地帯の間に保管している、25年以上にわたって蓄積された私の発見と私のコレクションをあなたと共有することにしました。私はまた、19世紀の鉄粘土だけでなく、ヴァロリスやモダニストセラミックなどの要件に応じて、ヴィンテージの食器を提供しているホテルやレストランとも協力しています。リクエストに応じて見積もります。

鉄の土地は何ですか?

ペーストにカオリン(高温で焼く耐火性の白土)を25%のレベルで加えて得られる上質な白土器です。 「半磁器」と「不透明磁器」という名前は同じ製品を指しています。

コンタクト

hortense@tatafaience.com

更新中…
  • お買い物カゴに商品がありません。